人気サロンには理由がある

全身脱毛をするとなると、ちょっと不安に思える部分もありますね。体をいじるのですから、失敗したらどうしよう…なんて、誰もが思って当然です。また、高額料金になることからも、「あれだけのお金を払っているのに効果がない!」なんてことになったらたまったもんじゃありません。やるとなったら、効果も費用も納得できるサロンを選びたいものです。

 

脱毛サロン選びで大切なのは、サロンのホームページを調べたり料金、通いやすさを比較検討するだけでは足りません。実際に通ってどうだったのか…体験者の言葉もリサーチしておかなくてはいけないのです。そこから、見えなかったメリット・デメリットがみえてきます。

 

また、比較検討するサロンは、複数でおこなうようにしましょう。自分が気になるところだけでなく、人気のあるサロンも調べておくといいです。人気がある、知名度が高いというのには、それなりの理由があるものなのですから。そこで、人気の高い3つのサロンをピックアップしてみました。人気の理由などから、ほかの気になるサロンと比較してみるといいでしょう。


1位 銀座カラー

全身脱毛といえばここ!、というぐらいに知名度が高いサロンです。関東・関西を中心としてエリア展開の脱毛専門店

 

月額制を採用しており、「全身VIPハーフ脱毛」は月額7,300円、「全身VIP脱毛」は月額9,900円で、これは6回の回数制となっています。1万円以下でできるのは無理なく通える金額で、コストパフォーマンス面では他のサロンよりも高く評価されています。全身脱毛とハーフ脱毛とちょっと金額的にも差がありますが、お得度でいえば全身脱毛です。なぜなら、ハーフ脱毛でできる部位は8部位しかなく、ちょっと中途半端な感じでおわってしまうのが否めないからです。

 

ちなみに、料金だけでなく技術面でも高い評価を受けており、脱毛後の保湿ケアを重視した施術は、まるで赤ちゃんにような肌になれると好評です。毎回の施術前後にオリジナル保湿マシンによるスキンケアメニューをプラス。保湿マシンによる保湿力は95%を誇るという高性能マシンで、脱毛効果がアップするだけでなく施術時の痛みも軽減されます。脱毛後につきものの激しい乾燥をケアし、火照った肌をクールダウンします。

 

気になる勧誘についてはまったくないので安心して通えます。また、6回の脱毛を確実におこなうので、忙しくて通えない月があっても融通が利きやすいのも嬉しいところ。仕事にプライベートにと忙しい女性におすすめのサロンといえるでしょう。


2位 キレイモ

全身脱毛専門サロンとして2014年にオープンし、少しづつ店舗を増やしているキレイモ。料金や施術可能な部位、サービス面と…月額制のプラン内容としては、他のサロンよりも秀でています。さらに、学生さんにはうれしい学割もスタートしており、社会人になっても割引がリセットされないのですから、学生さんにおすすめのサロンといえます。

 

キレイモには、モデルなどの芸能人も多く通っており、取材などをきっかけに通われるケースが多々あるそうです。施術の良さから、紹介だけに終わらず実際に通うまでになっているのです。

 

月額制の場合では、最初の契約時に2か月分の料金を先払いします。これは、2カ月で全身の脱毛が終了すること、そして3か月目以降は休止や解約などが自由にできるようにするためです。また、返金制度が設けられていますが、これは月額プランには適用されず、他のパックプランにのみとなります。

 

施術可能な部位として、顔の部位が含まれているのは大きな特徴。目の周りはリスクが高いのでやっていませんが、鼻や鼻下、あご、おでこ、もみあげ、両ほほなどができるのは、あまり他のサロンではみられないもの。ただ、やはり顔は怖いのでやりたくない…という場合は、脱毛の代わりにフォトフェイシャルが選択できるようになっています。


3位 シースリー

シースリーは、全身脱毛料金が安い割には、通う回数が多くて時間がかかる…なんてデメリットな点がおおいサロンでした。しかも、会員数が多いので予約がとりにくい…なんてことも。

 

ですが、最新型のルネッサンスGTRとい脱毛機器を導入したことからも、問題点も改善されてきており、かかる時間も大幅にダウン。超ハイスピード脱毛が可能となり、通う回数が大幅にダウンしたことはもちろん、施術時間が短くなったことからも予約も多くとれるようになり、そこまで断われることもなくなったのです。ただ、月初め月初めの予約申し込みは相変わらず激戦となっていますので、インターネットの予約システムで空き状況をこまめにチェックしていると、わりと直前にキャンセル空きがいい時間帯に見つかることもあります。

 

全身脱毛プランでは、生涯フリーパスといったものがお得。回数無制限プランには2種類ありますが、一部選択する部分があります。全身脱毛の「フリーパス・1日全身1回可能 一生通い放題コース」では、顔・IOラインを含むのか、それともどちらかを選択するかの2パターン。「無制限・4パーツ分けコース」では、顔とIOラインの両方を含むのか、それともどちらかを選択するのかでも変わってきます。


全身脱毛なら、剛毛でも効果がありますか?

体毛というのは、全身同じ太さや濃さではなく、腕や足の毛は細くても、アンダーヘアやワキ毛などは太いということが多いのですが、体質的に剛毛という場合は、脱毛施術を受けても毛がなくなるのか不安、という方も多いでしょう。

 

しかし、全身脱毛であれば毛が濃かったり太くても目に見えて毛がなくなるのを実感できます。
エステサロンのフラッシュ脱毛や医療機関のレーザー脱毛は、メラニンに反応する特殊な光源を肌に照射することで、光がムダ毛に集中して毛を作る組織を破壊するので、毛が抜ける仕組みになっています。そのため、色素の多い剛毛が施術を受けると毛が抜けやすい傾向にあります。
しかし、毛が濃くて太い部分はムダ毛の再生力が高いため、光が集中しやすくても毛が無くなるのを実感しにくいため、何度も脱毛施術を受ける必要があります。

 

効果をより実感したい場合は、施術を無制限に受けられるエステサロンを選ぶとよいでしょう。
回数に制限が無ければ、もしムダ毛が生えてきても回数を気にすることなく毛が無くなるまで施術を受けられます。
全身脱毛は6回から8回のコースを設けているエステサロンが多いですが、6回や8回ではムダ毛が生えていないなめらかな肌になるのは難しいのです。
無制限のコースは回数限定に比べて高額になりがちなので初期費用は高くなってしまいますが、満足のいく結果が得られます。
また、月額制のサロンも存在しており、効果に納得のいくまで、施術を受けることができます。

 

剛毛の方でも脱毛を成功させたい場合は、全身脱毛を選ぶと安心です。

全身脱毛しても元通りになることはありますか?

全身脱毛をして、時間が経ったら元通りになってしまった、ということは起こり得ないことではありません。
元に戻るかどうかは、受けた脱毛の種類にもよります。
医療レーザー脱毛やニードル脱毛は、永久脱毛の効果が高いと言われているので、一度施術を受けると、毛が生えにくくなり、ムダ毛のないキレイな肌を長い間保つことができるようです。
医療レーザーやニードル脱毛は、他の脱毛に比べると、料金がやや高めに設定されている場合も少なくはないのですが、元に戻りたくはないという人は、これらの脱毛を受けてみると良いようです。
光脱毛も、完全にムダ毛がなくなる場合もありますし、生えてくる毛が薄く目立たない毛になることもあります。
効果の出方には、個人差がありますので、他の人が生えてこなくても、自分は元に戻ってしまったということもあるので注意が必要です。
また、全身脱毛でも、一部分だけ元に戻ってしまったということもあるようです。
このような場合もあるので、全身脱毛には、ムダ毛が完全になくなるまで永久に保証をしてくれるという永久保証があるコースもあります。
元に戻らないかどうかが気になるという人は、料金がやや高くなる場合もありますが、このようなコースを選んでみるのも良いのではないでしょうか。
永久保証でなくても、何年保証など期間を設けて保証をしてくれるサロンやクリニックもあるようです。
脱毛効果には個人差があるので、一般的なことよりも自分はどうかということを考えて脱毛の種類やコースを選びましょう。

全身脱毛で黒ずみを改善できますか?

毛穴というのは全身の至るところに存在していますが、その毛穴に関する悩みの一つとして挙げられるのが黒ずみです。
黒ずんでしまう事によってお肌が暗く見えてしまう事がありますし、そもそも見た目にもあまり良くないものです。
では、なぜ黒ずんでしまうのかと言いますと、一つの理由として毛根が挙げられます。
体毛の根っこにある毛根が透けて見えている事によって黒ずんでいる状態になりますが、そういった状態を改善したい時には全身脱毛が打って付けです。
全身脱毛を行う事でお肌を透明感のある状態にする事ができますし、悩みの黒ずみも解消する事ができます。
ただ、全身脱毛といっても効果の低い施術方法ですと毛根を処理する事ができませんので、期待するような効果を得られない事があります。
せっかく対策を行うのなら効果が高い方が嬉しいものですが、その為には医療機関での施術を受けるという手があります。
医療機関で受けられる施術ですと毛根を破壊する事ができますし、それによって希望通りの透明感のあるお肌にする事ができます。
また、数回の施術を受けるだけで綺麗になりますので、時間を掛けずに綺麗な状態にしたい時にも打って付けです。
因みにエステサロンで施術を受けるという選択肢もありますが、エステサロンの場合ですと、医療機関の施術よりも脱毛効果が低い事が多く、時間が掛かってしまう事があります。
医療機関なら短期間で終わりますし、医療従事者による施術ですので安心感があるというメリットもあります。

脱毛サロンの選び方

 

口コミでのリサーチも忘れずに


脱毛サロンといっても、たくさんの店舗が存在します。いくつもあるサロンから自分の要望を満たしたサロンを見つけるのは大変です。雑誌やインターネットの口コミなどでも知られているサロンも、どこまで本当のことを言っているのか…実際にはその施術を受けてみないとわからないのです。でも、気になるサロン、すべてをお試しで受けてみるなんてできるわけがありません。

 

そんな時に参考になるのが、口コミです。実際に体験した人が、店の利益を無視して書き込む口コミは、サロンのセールスアピールよりも信憑性が高いといえます。気になるサロンの店内はどんな感じなのか、サロンのスタッフの対応そして施術はどうなのか?実際に受けたことがないとわからない情報が書き込まれていますので、そういった口コミを参考にしていくといいでしょう。

 

口コミの中には、激しくサロンを批判したり悪口を書いているものもあります。これが少数であれば、たまたま対応の悪いスタッフがいたのか、それともその人側に問題があるのか…なんてことも考えられますが、多数の人が同じようにサロンを批判するのであれば、それはほぼ真実であると考えられます。「勧誘がしつこい」とか「料金体系がよくわからない」「後から思わぬ出費を強いられた」「契約しないと脱毛してもらえない」など…こうしたサロンは避けたほうがいいでしょう。

 

そして、口コミからも安心して通えそうなサロンがあったら、一度そのサロンでカウンセリングを受けてみます。サロンによっては脱毛方法、脱毛後のアフターケアなどが違ってきますので、そうした違いを確認するためにも、数店舗は受けたほうがいいかもしれません。また、予約の取りやすさはどうなのか…それも聞いておいたほうがいいです。一番大事なのは、自分の直観です。カウンセリングを受けた時のスタッフの対応はもちろん、サロン内部もしっかりと確認しておきましょう。信頼できると思えるかどうかが、一番の基準となります。

 

脱毛サロンでの脱毛方法


全身脱毛をするとして、サロンではどういった脱毛方法をとっているのでしょうか?サロンによって異なりますが、電気(ニードル脱毛)と光(フラッシュ脱毛)に分けられます。

 

ニードル脱毛は、細い針を毛穴に差し込み、その針に電気や高周波を流して毛根部を破壊。脱毛するといった流れです。1本ずつやっていくので、時間がかかるのはもちろん痛みもかなりのものとなります。また、料金が高額になってしまうといったデメリットも…。その施術ではエスティシャンの腕の良しあしが関係してくるので、技術力のある人にやってもらわないといろんな意味で大変です。

 

そして、多くのサロンで取り入れられているフラッシュ脱毛は、いまや主流とまでいえます。脱毛の仕組みはレーザー脱毛とあまり変わりませんが、医療レーザーと比べると出力が弱く、その効果は劣るものとなります。ただ、医療レーザーよりも料金が安く設定されており、痛みも弱いものとなっています。レベルの高いサロンに行けば、永久脱毛といえるような効果を得ることができるでしょう。

 

電気脱毛と光脱毛

 

電気脱毛と光脱毛に違いとは?


昔からおこなわれている脱毛法といえば、電気脱毛。サロンの中には、歴史が長く実績もあるところもあります。日本よりも脱毛技術が発達しているアメリカでは、100年以上の歴史があるほどなのです。電気脱毛では、毛穴の一つ一つに針を差し込みそこに高周波を流しておこないます。高周波が毛根を破壊するので、毛が再生しにくくなるのです。

 

毛穴の中に針を通すなんて、聞いただけでも痛そうですが…実際に、かなりの痛みを伴います。また、毛穴の一つ一つにおこなうので、施術時間がどうしても長くなってしまうこと、顔や手などのデリケートな部分には適用できないことがデメリットとして挙げられます。

 

これらのデメリットから得られるメリットは、脱毛後の仕上がりにあります。どの方法よりもきれいに仕上がるだけでなく、永久性も高いものとなっています。まさに、ハイリスクハイリターンな脱毛方法なのです。ちなみに、電気脱毛はサロンだけでなく医療機関でもおこなわれていますが、痛みに対して不安がある場合は、麻酔を使って緩和することができます。

 

そして、今の主流ともなっている光脱毛は、サロンによって機種が違うので呼び名も変わってくることもありますが、大体がIPL脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれています。強い光を作り出し、毛の部分に照射して毛根と毛包を焼いてしまいます。医療機関でおこなう医療レーザーと似ていますが、こちらは毛根を破壊してしまうほどの強い出力でおこないます。サロンでは医療行為が禁止されているので、毛根を破壊するまでの出力を出してやることができません。なので、医療レーザーよりも時間がかかりますし、効果も劣ってしまうのです。

 

では、脱毛サロンによる光脱毛ではどれくらいかかるのでしょうか?毛周期や毛質による差があるのでなんともいえませんが、平均値としては半年ほどです。料金も医療レーザーよりも格安になっていますし、出力が弱いので痛みも弱いものとなっています。

 

医療レーザーとは?


医療レーザーが取り入れられ始めたのは1997年と、まだまだ歴史が浅い脱毛方法です。当時はまだ電気脱毛が主流であり、しかもサロンでの脱毛が浸透しており、サロンと医療機関での違いがまだあまりよくわからないこともあり、利用度はそこまで高いものではありませんでした。今はインターネットの普及と発展に伴って、医療レーザーによる情報も広がり、サロンと同じように浸透してきています。

 

医療レーザーは、安全性とスピーディーにできるという特徴があります。使用する脱毛機器は厚生労働省に認可されたもので、高出力でも高い安全性を誇っています。サロンなどですが火傷をおこすリスクもありますが、医療レーザーではそうした心配はなし。感染症のリスクもないのです。

 

また、医療レーザーは資格を持つ看護師さんなどしか扱うことができないですし、もしもの際の処置もとてもスピーディー。その場で処置できるのは安心です。全身脱毛に不安を持っている人は、医療レーザーのほうが適しているかもしれません。

 

個人差がある体毛

 

毛が濃くて太い!?もしかして多毛症?


体毛の量は、人によって異なります。薄くい人もいれば濃い人もいて…後者にとってはなかなかの悩みとなります。人と比べてあまりにも濃い場合は、もしかしたら多毛症かもしれません。

 

多毛症とは、婦人科系の病気の一つです。その特徴としては、体毛が濃いのはもちろん、男性にだけしか毛が生えていないような部位にも毛が生えてくるというもの。具体的に挙げると、唇の周りや顎、乳房の周り、へその上下、太股など…一般的な女性ではあまり濃く生えないところに、濃くて太い毛が生えてくるのです。

 

多毛症の原因としては、遺伝や体質による特発性多毛症と、卵巣に発生する特殊な疾患である多嚢胞性卵巣症候群があります。これ以外にも、卵巣や副腎、脳下垂体などに異常が起こることで発症することもありますが、ほとんどが特発性多毛症と多嚢胞性卵巣症候群の2つによるものです。

 

特発性多毛症はホルモンに異常が起こって発生するものではないので、脱毛してしまうのが一番。多嚢胞性卵巣症候群の場合では、ピルや抗アンドロゲン剤といったホルモン治療をおこなうようにします。これらの治療で改善効果が見られない場合は、クリニックによる医療レーザー脱毛を受けるのが良いです。通常であれば保険は適用されませんが、多嚢胞性卵巣症候群による脱毛であれば保険が適用されるはずです。

 

もしも全体的に毛が濃い、一部の毛が異様に濃い、通常なら生えないようなところに生えてきてしまっている…といったことで悩んでいるのであれば、一度婦人科に相談してみるといいでしょう。

 

皮膚の下で成長する!?埋没毛


一度は耳にしたことがある埋没毛。これはなんなのかというと、肌の下に毛が埋まってしまう状態をいいます。埋没毛ができてしまう大きな原因が、かみそりや毛抜きなどによる自己処理。ムダ毛を自分で処分することが原因で、毛穴にトラブルが発生し、それが埋没毛になってしまうのです。

 

通常、体毛というのは毛穴から発毛しぐんぐん成長。時期が来たらはらりと抜け落ちていきます。ところが、毛抜きで無理やり引っこ抜いたり、かみそりで毛を剃ったりと…肌にダメージを与えるようなやり方をする事で、毛穴が塞がれてしまいます。毛穴が塞がれると、その下で発毛した毛は皮膚の表面に出ることができず、そのまま皮膚内で成長。それが、埋没毛となります。

 

埋没毛になりやすい箇所としては、頻繁に手入れをおこなうビキニラインやわきの下、そして足が挙げられます。細い体毛であれば、そのままにしておくことで自然に排出されていきます。でも、埋没毛になりやすい体毛のほとんどが、太くて強い毛…。なので、すぐには排出されず、何年もそこに埋もれたままということもあるのです。

 

薄い皮膚の下にある埋没毛は、パッと見、毛が生えているように見えます。ですから、どうしても気になって取り出そうとしてしまい、肌を傷つけてしまうことも…。無理やり埋没毛を取り除けたとしても、今度はそこが色素沈着を起こしてしまうこともあるので、埋没毛は無理やり取り除いてはいけないのです。

 

自己処理orエステorクリニック?

 

自己処理?それともエステ?


誰もが一度は経験したことがある、体毛の自己処理。特に夏が近づき、肌の露出が増えると気になってきてしまい、自己処理の頻度も多くなります。初めから「よし!エステに行こう!」なんて考える人はほとんどなく、誰もがかみそりや毛抜きなどを使ってやってみるのではないでしょうか。最近では家庭用脱毛器の性能がアップしてきており、脱毛サロンと変わらないぐらいの性能を持つものとなっているので、こちらも人気アイテムとなっています。では、自己処理とエステにいくのとでは、どちらがいいのでしょうか?

 

まず、自分で行う場合は、家庭用脱毛器を購入することになりますので、その費用は数千円から数万円といったところでしょうか。説明書通りに、定期的にきちんとやっていれば安全にエステと同じような効果を期待することができますが、自分の手が届かない部分というのは難しく、背中などはそのまま…なんてことに。また、足や腕をやったとしても、仕上がりにムラがでてしまったり、きれいに仕上がらないことも…。

 

では、エステはどうなのかというと、プロの手によって脱毛してもらうので、きれいな仕上がりを期待することができます。もしものトラブルも、自己処理よりもリスクが低いものとなります。ただ、エステを利用するということは誰かにやってもらうということであり、その費用だけで数万円から数十万といった金額になってしまうといったことが…。しかも、毎回予約を入れてエステサロンに通うといった面倒があります。

 

安く手軽に済ませたいのであれば自己処理ですが、肌トラブルのリスクがかなり高くなります。仕上がりのきれいさと肌トラブルのリスクを少なくしたいのであればエステですが、その場合にかかる費用や時間的な制約は覚悟しなければいけません。

 

エステ?それともクリニック?


脱毛をするうえで大きく迷うのが、エステかクリニックかです。両者は似ているようで、まったく異なるものとなっています。クリニックでは医療レーザーを使ったレーザー脱毛を、エステでは主に光脱毛を中心としたレーザー脱毛をおこなっています。どちらも似たようなものではあるものの、エステのほうが出力が抑えられているものとなっています。では、出力の高い医療レーザーのほうがいいのか?…というと、必ずしもそうとはいえません。どちらにも、メリットとデメリットがあるのです。

 

医療レーザーのメリットは、効果は高く、短期間で脱毛できるという点です。ですが、出力が高いだけあって痛みが強くなっており、しかも料金はエステよりも高額です。一方、エステサロンはどうかというと、メリットとしては痛みがないこと、そして価格がクリニックよりも安価です。デメリットとしては、医療レーザーに比べると効果が弱く、脱毛が完了するまで時間がかかってしまうといったことが挙げられます。

 

どちらも一長一短なので、よく考えて決める必要があります。何を一番に重視したいのか、そしてそのためには何を我慢するのか…それが基準となるのです。